浮世絵 歌川国輝

浮世絵トップページへ  浮世絵師一覧へ    天竺老人トップページへ 
 歌川国輝 (うたがわくにてる)

 

 引書語三姓太夫

 絵:歌川国輝
 作:楽亭西馬
 出版年:嘉永2年(1849)  版元:文正堂
 合巻 4冊

 柳風花白波

 絵:歌川国輝
 作:笠亭仙果 
 出版年:嘉永2年(1849)  版元;和泉屋市兵衛
 合巻 8冊 

 牡丹園娘荘子

 絵:三代豊国 国輝 二代国貞
 作:笠亭仙果
 出版年:嘉永3年(1850)〜安政4年(1857)
 版元:藤岡屋慶次郎  合巻 5編20冊
 初編は三代歌川豊国、2編〜4編は歌川国輝、
 5編は二代歌川貞国が描く

 今業平昔廼面影

 絵:歌川芳虎 歌川国輝
 作:笠亭仙果
 出版年:嘉永3年(1850)〜嘉永5年(1852)
 版元:和泉屋市兵衛  合巻 5編20冊
 5編のうち4編を歌川国輝が、他は歌川芳虎が描く

 岸柳四魔談

 絵:歌川国輝
 作:楽亭西馬
 出版年:嘉永3年(1850)〜嘉永5年(1852)
 版元:山口屋藤兵衛  合巻 3編12冊(落丁あり)

 侠客伝おさな摸略説
 
 絵:三代豊国 国輝 国綱
 作:楽亭西馬
 出版年:嘉永3年(1850)〜安政2年2年(1855)
 版元:蔦屋吉蔵  合巻 12編48冊
 初編の上巻を三代歌川豊国、初編下巻〜8編を歌川国輝、
 9編〜12編を歌川国綱が描く

 咲替蕣日記

 絵:歌川国輝
 作:墨川亭雪麿 笠亭仙果
 出版年:嘉永3年(1850)〜安政1年(1854)
 版元:恵美寿屋庄七  合巻 8編32冊
 初編〜6編を雪麿、7編、8編を仙果が書く

 庭訓武蔵鐙

 絵:三代豊国 国輝 二代国貞
 作:万亭応賀
 出版年:嘉永3年〜安政3年(1856) 版元:若狭屋与市
 合巻 6編 24冊
 初編は三代歌川豊国、2.3.5編を歌川国輝、
 4編を二代歌川国貞、6編を歌川国郷が描く

 関太郎鈴鹿故語

 絵:歌川国輝
 作:楽亭西馬 
 出版年:嘉永4年(1851)  版元:佐野屋喜兵衛
 合巻 8冊 

 弓張月春廼霄栄

 絵:歌川国輝
 作:楽亭西馬 
 出版年:嘉永4年(1851)〜安政2年(1855)
 版元:若狭屋与一(1〜3編) 恵比寿屋庄七(4〜15編)
 合巻: 15編60冊 

 島廻浪間朝比奈

 絵:歌川国輝 二代歌川国貞
 作:柳下亭種員 柳煙亭種久 
 出版年:嘉永4年(1851)〜安政2年(1855)
 版元:蔦屋吉蔵  合巻 7編28冊
 初編〜5編は絵:歌川国輝 作:柳下亭種員
 6〜7編は絵:二代歌川国貞 作:柳煙亭種久 

 木下闇緑林

 絵:歌川国輝
 作:三代十返舎一九 
 出版年:嘉永5年(1852)  版元:濱田屋徳兵衛
 合巻 6冊(落丁あり) 

 櫻姫粧春雨

 絵:歌川国輝
 作:楽亭西馬 
 出版年:嘉永5年(1852)  版元:山本平吉
 合巻 8冊 

 奇人百人一首

 絵:歌川国輝 他
 作:緑亭川柳 
 出版年:嘉永5年(1825)  版元:
 和歌絵本 為斎が口絵を、国芳、貞秀、国輝、芳虎、三代豊国が各々10丁(20ページ)を描く 

  ページトップへ 


   

 絵:歌川国輝
 作: 
 出版年:  版元:
 合巻 冊 

Copyright (C) tenjikuroujin.jp All Rights Reserved.