浮世絵 西村重長

浮世絵 トップページへ  浮世絵師一覧へ   天竺老人 トップページへ 
 西村重長 

 西村重長(にしむら しげなが)元禄10年(1697)生れとされるが確証はない。没年は宝暦6年(1756)。江戸通油町(現日本橋大伝馬町)の地主であったが、後に神田に移り本屋を開業。浮世絵師としては鳥居清信、奥村政信の様式を学ぶ。一般には鳥居派の絵師とされる。多才な人物であったようで、奥村の浮絵を真似た絵を描いて出版もした。また墨線を使用せずに紅、黄、緑、鼠色でもって摺った、無線絵の一種とされる”没骨の水絵”といわれる技法の作品も手掛けた。これらは後に石川豊信、鈴木春信、礒田湖龍斎の画風にも影響を与えたという。多くの絵を描いたとされるが遺された作品は少なく、代表作として「絵本江戸みやげ上編」の挿絵(下編は門人とされる鈴木春信が描く)がある。  


 江戸みやげ 初編 

 絵:西村重長
 作:
 出版年:宝暦3年(1753)  版元:菊屋安兵衛 
 初編3巻、2編3巻の合計6巻が刊行されたが、初編の挿絵は西村重長。2編の挿絵は鈴木春信が描く。

 四季豊年蔵 

 絵:西村重長
 作:
 出版年:  版元:栄邑堂 
 青本 4冊

 竹田新からくり 

 絵:西村重長
 作:  
 出版年:宝暦8年(1758)  版元:鱗形屋
 青本 3冊 

 絵本 さるかに合戦

 絵:西村重長
 作: 
 出版年:  版元
 赤本 1巻 

  ページトップへ 


Copyright (C) tenjikuroujin.jp All Rights Reserved.